Aqua-Trek Fiji Diving

Fiji Guide



フィジーは20万平方マイルもの海にまたがる、300以上もの島々(そのうち100もの島は無人島です)から成る群島国。島々は本来火山が起源で、高くごつごつとした地形を作っています。小さな島々はさんご礁または石灰石からできています。最も大きく,人口が集まっているのがビチレヴ島、フィジーの国際空港はこの島の北西部ナンディに位置しています。フィジーは青いさんご礁と、美しい白砂のビーチ、色とりどりの魚たちが戯れるリーフ、青々と茂る森林、そして約78万人のフレンドリーな人々の住むところです。人口の約50%がフィジー人、46%がインド人、そしてその他残りはヨーロッパ人、ラトゥマ人、中国人、その他の南太平洋島国の人々で占められています。.

気候
年間を通して温かく、好ましい気候が続きます。5月から10月にかけての乾季の平均気温は22度、11月から4月にかけての雨季の平均気温は26 度。フィジーにいらっしゃる際は、涼しくて、カジュアルな衣服をご用意なさるといいでしょう。また、水着や半ズボンだけでの行動は、ビーチやスイミングプールにおいてのみに限られております。

慣習
フィジーに入国する際は、入国日より最低6ヶ月以上有効なパスポートが必要です。あなたがアメリカ合衆国国籍をお持ちでしたらVISAは必要ありません。ただし、フィジーを出国する用のチケットが必要です。滞在許可は空港にて、到着の際に4ヶ月まで承諾され、これは6ヶ月まで延長することも可能です。フィジーは南国によく見られる病原菌のない、ヘルシーな国です。感染の見受けられる特定のエリアから入国しない限り、予防接種は必要ありません。フィジー出国の際、16歳以上の方は、出国税$30ドル(フィジードル)を支払わなくてはなりません。

通貨
フィジーには、ANZ銀行、バロダ銀行、ハワイ銀行、フィジーナショナルバンク、そしてウェストパックク銀行など、大手の銀行が店舗を設けています。タベウニ島では、フィジーナショナルバンクが唯一の銀行となります。こちらではクレジットカードからの現金引き出しはできませんので、ご注意ください。通常の銀行経営時間は、月曜から木曜日までは午前9時30分から午後3時まで、金曜日は午後4時までとなっています。また、ナンディ国際空港においては。ANZ銀行が24時間サービスを行っております。法廷貨幣はフィジードル。その他の外貨も認められています。主な大手クレジット会社のカードも使用できます。チップの習慣はフィジーにはありませんが、良いサービスを受けた際、お心づけを残されるてもけっこうです。あなたの国の通貨からフィジードルへの換金率を、通貨換算機で計算してみましょう。

時差/ビジネスアワー
フィジーの時間はグリニッジ標準時より12時間早く、ビジネスアワーは月曜日から金曜日までは午前8時から午後4時30分まで。ランチタイムはだいたい午後1時から2時までです。

ショッピング
レストランや土産物店は、月曜から金曜日までは午前8時から午後5時まで、土曜日は午後1時まで営業しています。日曜日は、だいたいのお店が閉まっています。小さな小売店でのディスカウント交渉は可能ですが、大手デパートや食料品店、ホテルやリゾートでの料金は定価です。

レストラン/ナイトライフ
マルチカルチャーと呼ばれる、多人種が混住するフィジーの文化は、食にも映し出されています。レストラン、クラブ、そしてフィジー全土に存在するホテルのメニューには伝統的なフィジー料理、インド料理、そして中華料理などが含まれており、幅広い種類の料理を提供しています。フィジーでも大きな町や市には、映画場やナイトクラブが存在し、特別なダンス等の催しは週末に多く開催されます。

イベント
フィジーの祝祭日は年に8回:元旦、イースターマンデイ、6月に女王誕生日、8月に聖モハメッド誕生日、10月にフィジー独立記念日、そして12月にはクリスマスとボクシングデーがあります。お祭りもいくつか存在し、ナンディでは7月にブラフェスティバルが、ラウトカでは9月にシュガーフェスティバルが、そしてスバにおいては11月にハイビスカスフェスティバルが開催されます。ハイビスカスフェスティバルは、中でも1番大規模で、催しは1週間にわたります。この他、ヒンドゥ経の灯りの神様のお祭りであるデイワリ祭が11月にあり、フィジーの誰もが楽しみます。

交通
ナンディから小さな島々へ飛ぶ国内線が、数社によりオペレートされています。あなたが居住する国の運転免許証、または国際免許証があれば、フィジーでも運転が可能です。フィジーの道路では、車は左側通行。Hertz,AVIS,Budget、Thrifty、その他のフィジーのレンタカー会社が、ホテルやナンディ国際空港、スバ、ラウトカに店舗を設けています。またタクシーの数は多く、、どこででも簡単に見つかるでしょう。ビチレブ島、バヌアレブ島、タビウニ島やオバラウ島においては、窓のないバスに乗り込むのもまた楽しい経験です。ビチレブ本島から、多くの離島へは、フェリーが運航しています。

電圧/水
電圧は240V,周波数50Hz。だいたいのホテルには、シェーバーやヘアドライヤー用に110Vへの変圧器が用意されています。飲料水は、飲む前に一度沸かすか、もしくはボトルに入れられたミネラルウォーターをお勧めします。

医療施設
病院はフィジーでも大きな町にに存在します。フィジー在住者以外の方には、最少基本料金がかかります。私立病院、歯科医、眼科医は、電話帳を参照してください。だいたいの薬局が、月曜から金曜日、午前8時から午後5時まで営業しています。

緊急連絡先
火事、警察、救急車を呼ぶ場合は、911が緊急電話番後です。

フィジー内アクアトレックダイブ トラベルサービス:
電話番号 (679) 670-2413,
Fax (679) 670-2412

日本大使館:
電話番号(679) 331-4466,
Fax (679) 330-0081.

Fiji Dance


River Kayaking


Dining


Sunsets


Local dances


Fun in the Pacific




Aqua-Trek Fiji Diving
PO Box 10215, Nadi Airport, Fiji
Ph: +679 670 2413
Fax: +679 670 2412
Email: mana@aquatrekdiving.com